自然の湧き水はとても美味しい

06775610c70f65063d907f500c8ab662_m

皆さんが普段口にする飲み水ですが、どんな水を飲んでいるでしょうか。ミネラルウォーターや水道水などがありますが、私の場合は自然の湧き水を普段飲んでいます。私の住んでいる所は、とある山の麓に位置しており、町中のあちこちに山から湧き出た湧水があるのですが、この湧水がとても美味しいのです。普段この湧水を飲んでいるでせいか、水道水など不味くて飲めない程です。
やはり自然の水だけあって消毒などが行われている水道水とは全く美味しさが違います。水の中の成分も違いますし、とても冷たくて美味しいのです。自然の湧水を飲む機会があれば、一度水道水と飲み比べてみて欲しいものです。きっと違いが実感出来ると思います。
とても美味しい湧水ですが、少しネックな点もあります。まず生水なので飲みすぎには注意です。消毒処理されている水道水と違って様々な成分が混ざっている為、飲み過ぎは厳禁になります。また生水はあまり長期の保存が効きません。長い間冷蔵庫で保存する事は出来ないので、もし生水を利用する際は早めに消費する必要があります。
この様に幾つかの欠点がありますが、美味しさは水道水とは比べ物にならない程です。お茶やコーヒーなどを作る際に使えば、さらに美味しく作る事が出来ますので、機会があれば是非試してみてください。

飲み水が変われば体も変わる?!

81d8014cbb14f9f264de61d0c5a2c1ee_m

毎日、口にする「お水」。 その品質にはこだわりたいですよね。
日本の水道水は衛生的で、そのまま飲んでも安心とは言われているものの、少し鉄っぽい匂いがしたり、抵抗がありますよね。
かといって、ペットボトルの水を買い置きしておいても、毎日使うものだから、あっという間に使い切っちゃって、お買い物に行くのも重くて大変!
ウォーターサーバーをレンタルしてもいいんだけど、置くスペースが用意できなかったりしますよね~。予備タンクの置場とか。
そんな時に便利なのが、トリムの電解水素水整水機。
水道回りにボックスティッシュ5個分(スーパーで売っているあのパックですね)のスペースでOK!
あとは、ポリタンクを別置するスペースがあれば、完璧。
(電解耐性水が排出されますので、それを入れるためのタンクです。耐性水はお風呂に入れて美容にも最適!)
たったこれだけで、ご家庭で、簡単に水素水が飲めます!
よくお水を飲みすぎると、おなかが〝ちゃぽんちゃぽん”とした感じがありますよね。
このお水だとそんなことありません。
す~っと体に吸収されていくので、胃もたれや胃の不快感がないんです!
それに!!水道水をそのまま飲むときの、あの気になる匂いが、このお水にはありません。
なので、とっても飲みやすい!!
ごくごく飲めちゃいます。
飲みやすいうえに、胃腸の調子も整えてくれるので、一石二鳥なんですよね。
うちでは10年以上、こちらの機械をしようしていますが、お水を変えてからアトピーの症状も軽くなりました。
ぜひ、飲み水にこだわりたい方、健康が気になる方は試してみてくださいね。
(初期費用は結構かかりますが、家族の健康のことを考えると安い出費ですよ~)

災害の経験で飲み水確保の重要性を実感

ペットボトルの水が売られるようになってからというもの、水道水以外の選択肢が増えて飲み水の不足を体験することはほとんど無いでしょう。そのため水の重要性を考えることもあまりありませんでした。
しかし東日本大震災の際にその重要性を嫌というほど実感することになったのです。
津波の影響がない地域でしたが揺れの被害は大きく、およそ半月の間断水してしまい給水車から水をもらっていました。しかし一日の給水でもらえる一世帯分の量は限られているため、日中飲む水にはかなりの節約を必要としました。
食事などので使う分を差し引くと、飲料水として使えるのは1人1リットルにも満たない程度。成人が一日に必要な水分は2リットル強といいますから、半分程しか飲めない状態が半月続いたことになります。
水分補給は人にとって重要なものですが、特に水分不足で体調不良を起こしてしまうような病気を持っている場合には大変です。私も痛風を患っていて血液の水分不足による尿酸値の上昇は、発作を起こす原因となってしまうため油断できない状況になっていました。十分な飲み水が手に入らない日が続き、上水道の復旧の目処も分からず、いつ発作が起きるか不安な日々を過ごしていました。幸いな事に発作が起こる前に復旧したので事なきを得ましたが、あと一週間復旧が遅れていたらと考えるとゾッとします。
後悔先に立たずではありませんが、このような状況を経験したことで飲み水確保の重要性を身に沁みるほど感じました。そのため震災以降は5年間保存可能という水を買い置きして数日間の飲み水を確保、上水道が止まる前に水が貯められるように防災用ポリタンクを常備するようにしました。
まさに「備えあれば憂いなし」ということなのでしょうね。

東京の水が濁っていてびっくりしました

田舎から東京へ出てきて一人暮らしを始めた時、水道水を始めて出したところ、コップの中に入った水がとても濁っていたことにとてもびっくりしました。入居したばかりで、水を使ってなかったから濁っているのだと思い、5分ほど水を流してから再度コップに入れてみても、まだ同じ色だったので、何かおかしいと思い、大家さんが隣に住んでいたので聞きに行きました。
大家さんにコップの中の水を見せたところ、これは、全く普通の色だよと言われ、びっくりすると同時に、これは飲めないと思いこの先どうしようかと心配になりました。
実家に電話をして、東京の水道水は全くクリアな色ではなく、少し濁ったような色がかかていると話すと、両親からは、東京は田舎と違うから仕方ないね!と言われました。
透き通った透明の水以外は、体に悪いと思い込んでいたので、しばらくは、コンビニでずっとお水を買って飲み、ご飯を作る時に使うお水は、一度沸かしてから使うことにしました。それでも、お水が綺麗な田舎と違い、沸かした後も匂いがきつく、このまま東京に住んでいいのだろうか?とまで考えた時期もありました。今となっては良い思い出ですが、当時は、お水を買うのに、相当お金を使っていました。

飲料水は買っています

544fdef64082933cb2beb6b68bdb417f_m

水を買うようになってもうかなりになります。家には当然ペットボトルに入った水は常備されていて、そのまま飲んだり薬を飲む時用に冷蔵庫にいれてあります。水道水を使うのは、基本的に沸かして使う時のみ。毎日の料理には水道水を利用していますが、そのまま水道水を飲む事はありません。
私の住む所は水道水も十分おいしいのですが、だいぶ前からの習慣なので今更変えるつもりはありません。ペットボトルの水も特にこだわりは無く、あれば地元の物を購入している感じで、日本の水なら良いかなと思っています。外食した際は出された水を飲みますので、多分そういう時は水道水を飲んでいるんだと思いますが、あまり飲まないようにしています。
後から水を買って飲む事が多いです。水道水に何か入っているとかの心配があるわけではありません。何となくきれいな所でボトルに詰められた水の方が、清潔な感じがしておいしい気がするのです。決して安い物ではないし、ペットボトルで買うという事は多少ゴミも増えます。
でも、水を買って常備しておく事は万が一断水になった時や災害時にも安心なので、これからもこの習慣は続くと思います。今日もおいしく冷たい水を飲んでいます。

浄水器の水の味

私の一人暮らしのキッチンに浄水器を設置して1年以上が経ちました。数千円で安心してきれいな水を飲み、きれいな水で料理ができていると思うとやっぱり気分がいいですね。
それにどんな水でも身体って普段からよく飲む水の味を記憶しているように思うのは私だけでしょうか?というのも、コンビニで売られているペットボトルの水もメーカー別でもちろん味が違いますし、それぞれおいしいです。浄水器の水も飲んでも全く問題ないしおいしくいただいていますし、慣れ親しんだ味なんです。そう、水って体がその味に馴染んでいく感じがします。
はじめは引っ越し先でもわずかに水の味に違和感があったのですがしばらくしたらその味にも自分の舌が慣れてきて、浄水器を付けないで飲んでいた水道水の味に少し違和感が残ったりします。
浄水器を付けた水の味ってはじめはその違いも判らないのですが、飲み続けるとその味に明らかな違いが出てきます。その水でコーヒーを淹れたりすると味が全く違うのがわかります。
ただ、どちらもおいしい。
浄水器を付けた水の方がなんだかおいしい気分になるというのも本当のところなんです。今や、浄水器は生活必需品です。

浄水器を通したことは子供にははっきり分かるみたいです。

3bd83e08672e56f4daa1f0d9a1d67d3c_s

少し前に友人に勧められて、簡易性の浄水器を一月だけモニターとして付けたことがあります。
それまでは、当たり前のように水道水を使っていました。
初めての浄水器は戸惑うことばかりで、浄水と原水の切り替えを始め、何をどうすれば良いのかわっぱり分かりません。
とにかく、口に入るものは全部浄水にして、生活することにしました。
使ってみて特に驚くような違いは感じませんでしたし、蛇口に付ける簡易タイプのものだったので、このタイプなら所詮この程度で、やはり推薦に直付けのような物で無いと発揮rとした違いは分からないんだろうとも思っていました。
ところが、お試し期間が過ぎて浄水器を返還した途端、子供達に、あれは買わないのか攻撃にあいました。
なんと、子供達には浄水器を通した水の違いが分かったみたいなんです。
水道水そのままより飲みやすいんだそうです。
特別に味があると言う訳ではなかったらしいのですが、言い換えれば水道水の方に味や臭いがあることが分かったと言うのです。
浄水器を使ってみたから分かったんでしょうね。
子供の舌と言うか、感覚はやはり大人よりも敏感に出来ているんだなと思った出来事です。
いまだに、浄水器は付けないかの攻撃を受け続けています。

水を無駄に使わなければいいのですが

私が住んでいる街は、市が川の水の権利を買って、川の水を直接引いて浄水場でろ過してから各家庭に供給しています。
その川の水は、山のふもとから直接引いているので、美味しい!と他県などから来た人は言うのですが、私達が住んでいる街の人にとっては嬉しい事ですが、東日本大震災時の原発事故の放射能の影響が出ないか心配です。
今、世界で水が買えない人が50億人(推定)いるそうです。その人たちから見れば、「贅沢言うな!」と本気で怒鳴られそうな気がします。
それについて、御存知の方も多いと思いますが、取水制限が10%から20%に上がり、もし、これが給水制限になると、水を大切に使いましょうの文字が出てきます。こういう文字が出る時は、いかに自分達が水を無駄に使っているかの証だと思います。去年の冬がたまたまではありますが暖冬で雪が山に降らず、その影響が今も続いています。今年の梅雨も北関東よりも南関東に雨が多く降っています。その為に、ダムの貯水率が下がっています。日本人は「水はタダで飲める」という考えがどこかにあって、時々水を使いすぎます。自分もその考えがないとは言えません。
水を無駄にせず真面目にきちんと使えば、世界の国々から違った目で見られると思います。

水道水でも上流にある水なら飲み水として美味い

下流地域に住む人が水道水はまずくて飲めたものではないと言っていることがありました。また一部地域によっては夏水が臭くて飲めるような状態でなかったものもありました。現在は水の処理技術が向上して飲めるようになったとのことです。一部の地域の水道水がまずいと言うことだった時でも、上流にある地域や水源が地下水である地域の水道水は美味く、そのまま飲めましたし、いまでも美味く飲めています。
ただ水の美味い地区でも高層建築物だと貯めた水を高架水槽に上げて使うので、夏になると水にアオコが発生し、それが水に臭いを付けてまずくなってくるのでしょう。ただその水槽は1年に1回清掃をしていますので、それ程、水がまずくなることにはならないと思います。また下流地域の水も夏になるとアオコの発生により水がかび臭くなって飲めたものではない状態になるようですが、水処理技術の進歩により改善されたとのことです。
また水道水の成分に健康を損なう物が含まれているので、ペットボトルの水を使っている人がいるようですが、水道水は成分検査をやっているので心配はいらないと思います。ペットボトルの水は、水をどう処理しているのかは不明な点がありますし、水源地の状態もわかりません。なかには外国の硬水がありますので、軟水になれた日本人には合わない物があるとおもいますので、なるべく水道水を飲み水に使った方が良いとおもいます。水は飲みなれたものが良いのでしょう。