浄水器の水の味

私の一人暮らしのキッチンに浄水器を設置して1年以上が経ちました。数千円で安心してきれいな水を飲み、きれいな水で料理ができていると思うとやっぱり気分がいいですね。
それにどんな水でも身体って普段からよく飲む水の味を記憶しているように思うのは私だけでしょうか?というのも、コンビニで売られているペットボトルの水もメーカー別でもちろん味が違いますし、それぞれおいしいです。浄水器の水も飲んでも全く問題ないしおいしくいただいていますし、慣れ親しんだ味なんです。そう、水って体がその味に馴染んでいく感じがします。
はじめは引っ越し先でもわずかに水の味に違和感があったのですがしばらくしたらその味にも自分の舌が慣れてきて、浄水器を付けないで飲んでいた水道水の味に少し違和感が残ったりします。
浄水器を付けた水の味ってはじめはその違いも判らないのですが、飲み続けるとその味に明らかな違いが出てきます。その水でコーヒーを淹れたりすると味が全く違うのがわかります。
ただ、どちらもおいしい。
浄水器を付けた水の方がなんだかおいしい気分になるというのも本当のところなんです。今や、浄水器は生活必需品です。