水道水でも上流にある水なら飲み水として美味い

下流地域に住む人が水道水はまずくて飲めたものではないと言っていることがありました。また一部地域によっては夏水が臭くて飲めるような状態でなかったものもありました。現在は水の処理技術が向上して飲めるようになったとのことです。一部の地域の水道水がまずいと言うことだった時でも、上流にある地域や水源が地下水である地域の水道水は美味く、そのまま飲めましたし、いまでも美味く飲めています。
ただ水の美味い地区でも高層建築物だと貯めた水を高架水槽に上げて使うので、夏になると水にアオコが発生し、それが水に臭いを付けてまずくなってくるのでしょう。ただその水槽は1年に1回清掃をしていますので、それ程、水がまずくなることにはならないと思います。また下流地域の水も夏になるとアオコの発生により水がかび臭くなって飲めたものではない状態になるようですが、水処理技術の進歩により改善されたとのことです。
また水道水の成分に健康を損なう物が含まれているので、ペットボトルの水を使っている人がいるようですが、水道水は成分検査をやっているので心配はいらないと思います。ペットボトルの水は、水をどう処理しているのかは不明な点がありますし、水源地の状態もわかりません。なかには外国の硬水がありますので、軟水になれた日本人には合わない物があるとおもいますので、なるべく水道水を飲み水に使った方が良いとおもいます。水は飲みなれたものが良いのでしょう。